アナリティクス 直帰時のページ滞在時間を知る

グーグル・アナリティクス(GA)では、直帰ユーザー(1ページしか閲覧しなかったユーザー)の滞在時間は「0」と表示されます。直帰ユーザーの滞在時間を計測する為に、ScrollDepth というプラグインを導入しました。

導入方法がなかなか分かりづらかったのでまとめました。

【概要】

  1. グーグル・タグ・マネージャー(GTA)を使用しました。
  2. ScrollDepth オリジナル設定では、イベントタグが、次のタイミングで配信されます。
    • ページ上部から 25%、50%、75%、100% の位置、そして、ページ上部から 250px 毎
    • 設定した DOM エレメント(例:footer タグが、可視領域に現れたらイベントタグを配信)
    • 上記のイベントが発生した時のタイミング(時間)
  3. オリジナル設定のままだと、配信数が多くなるので、今回は、次のように設定
    • フッターエレメントが可視領域に入った時のみイベントタグ発信
    • イベント発生時のタイミングで、変数内に時間を取り込む

【設定方法】

プラグインのロードと、scroll depth イニシャライズする

プラグイン・ロードは、次のとおりアクションフックを利用

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'mta_enqueue' );
function mta_enqueue() {
	/* jQuery Setting */
	// this is for Scroll Depth
	wp_enqueue_script( 'mta-sd-js', get_stylesheet_directory_uri() . '/js/jquery.scrolldepth.min.js', array( 'jquery' ) );
}

ScrollDepth イニシャライズは、GTM タグを配信。(注:GA Pageview タグ配信よりも遅らせる)

gtm-tag-pageview
イベント配信時タイミングを変数に取り込む
gtm-var-sdeventiming
トリガーを作成する
gtm-trig-scrolltime
GA にイベント配信するタグを設置
gtm-tag-sdevent

【GTM で、動作確認】

ページロード後、イベントはまだ配信されていない。
gtm sd before fire tag

サマリー画面

gtm sd before fire datalayer

データレイヤー画面

Footer エリアまで、スクロールダウンすると、配信される。
gtm sd after fire tag

サマリー画面

gtm sd after fire datalayer

データレイヤー画面

【GA で、動作確認】

GA リアルタイムで、動作確認。

“アナリティクス 直帰時のページ滞在時間を知る” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です