築古海外不動産投資による投資効果の検証

米国テキサス州に、トヨタ自動車の本社が移転したこともあり、テキサス州での不動産投資が、盛りあがりを見せています。

ここ数年で、大小様々な不動産販売会社が、テキサス州の不動産販売事業に参入しており、さまざまな販売促進活動を行っています。

テキサス物件の販売価格の内、約8割が建物価格であるという特徴を生かして、築古物件の減価償却による節税効果を目的に、多くの富裕層の方々が、購入を決断されているように見受けられます。

しかし、気を付けなければならないのは、購入者の収入、購入物件価格、築年数、賃貸収入額によっては、節税ではなく、増税の可能性があることを理解する必要があります。

下のテーブルは、購入者の年収、償却額毎に、税額効果をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。

不動産投資・減価償却の効果
  • 上記テーブルをクリックするとスクリーン フルサイズで表示されます。
  • 2018年1月1日現在の税率を利用しています。
  • 給与所得のみの方が不動産投資を行った場合のシミュレーションです。
  • 年給与所得:当不動産投資を行わない場合の年間課税前所得額
  • 年減価償却額:年間の減価償却額
  • 長期譲渡所得税率で計算
  • キャッシュフロー上で不動産所得がゼロ、売却時譲渡所得ゼロの時を想定(損益計算書上不動産所得損室額の繰り越しは行っていない。)
  • 例:給与所得2,000万円の人が、建物価格5,000万円の物件を購入し、5年で償却した場合、縦軸 年給与所得 2,000万円 と 横軸 年減価償却額 1,000万円の交差するセル 111万円(年間の節税額)
  • 計算方法等詳細はお問い合わせください。

ご注意事項

当記事は、ある条件下でのシミュレーション結果を掲示しているものであって、実際の税計算、もしくは、投資判断には利用しないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です